借入の支払い方式というものは、クレジットカード会社によってかなり相違があって様々な方式が選ばれています。79-8-65

類型的なところでは残高スライド法やリボルディング法などが多く採用されているみたいです。79-3-65

そしてこういった誰もが知ってるリボルディングですが本当のことを言うと算出方式におおくの法というものがあるのです。79-5-65

そしてしかような手法によっては返済総額が変わってしまうわけですから、心得ておいて損することはないはずです。79-9-65

そうしたらわかりやすくこの2つの手法のギャップを解説します。79-14-65

ひとつは元金均等払いというもので、その次は元利均等払いです。79-20-65

両者は読んで字のごとく、元金に関して均等に支払っていくというのと、元金と利子に関してを一緒にして一様に返済していくという形式になります。79-16-65

今回のケースではもしも10万円をキャッシングしたと設定し、実際問題としてどのような計算をしていくのかやってみましょう。79-19-65

利回りに関しては双方とも15%として計算します。79-4-65

それとリボルディング払いについての金額は1万円と設定して計算します。79-7-65

ともかく元金均等払いです。

こうした場合の1回目の支払いについては1万円へ利子分1250円を合計した支払いとなります。

次の支払いについては1万円に対して利率1125円を加算した返済へとなります。

こういったふうにして10回にて支払いを済ませるといった形式となります。

これに対して元利均等払いとは最初の支払いに関しては1万円ですが元本へ8750円利子に1250円という感じで分配します。

2回目の支払いは元金が8750円へと減った状態で利子を勘定し、その1万円を再び分配するのです。

いわば元利均等払いのケースでは10回で支払いが完了しないという算定になるのです。

これだけのへだたりで二者がどれほど相違しているかが十分に分かって頂けたことと思います。

元利均等とは元金均等に比較し、はっきりともと金が縮小していくのが遅いと言う短所といったものがあったりするのです。

言い換えれば利息というものをおおく支出するといった状態になるわけです。

一方では、1回目の支払が少なくて済むというようなメリットも存在したりするのです。

こういった支払い方法に関する差異に応じて、引き落し額というものは相違してきますので自分の好みに合った計画をするようにしていってください。