小説を読むことで、自然と身についていくものがあります。浮気 調査 探偵

それは、漢字を読む能力です。自動車保険見積もりプレゼント

小説には、実に多種多様さまざまな漢字で書かれた文章がたくさんあります。数の子 お取り寄せ

それらを読むということは、自然と漢字を読む能力が身についていくことになります。ミドリムシナチュラルリッチ

 もしも、小説をあまり読まないでいたとしたら、日常生活で漢字に触れる機会というのはもっと減り、読めない漢字がとても多くなると思います。

ですが、小説を読んでいれば、漢字に触れる機会というのがとても増えますので、普段は使わないような漢字でも読むことができます。

 それが日常生活で役立つのか?と言われれば、決してそうとは言い切れないと思います。

それは、小説の中で使われる漢字というのは比較的難しい漢字が多いからです。

 しかし、人間というのは知識を増やしていく喜びというものがあり、多くの漢字を読めるようになるということもその1つだと私は思います。

 ですので、これからも読める漢字をもっと増やすため、小説を読んでいきたいと私は思っています。