もう15年近く前の話です。私は仕事で県外に転勤することになりました。そのことを、当時の趣味サークルの仲間に話しました。すると、数日経ってからその中の1人の男性(当時29才くらい)に呼び出されました。彼の性格は真面目でふざけたことをあまり言わないタイプです。それだけに私は何の用があるのだろう?と思いながら待ち合わせ場所に行きました。 会話の内容は、女性が1人で県外へ行くのは大変だけど転勤先でもがんばって、といったものだったと思います。励ましの言葉をいくつかもらったり、これまでの出来事の思い出話をしたりしました。そして、「これ、転勤先へ持って行って。親しくしていた記念に」と言ってプレゼントをもらいました。 彼と私はプレゼントをやりとりするような間柄ではなかったのでとてもびっくりしました。プレゼントの大きさはボックスティッシュを3つ重ねたくらいでした。 家に帰って包みを開けてみてすごくびっくりしました。中に入っていたのはアニメキャラクターの目覚まし時計でした。そのキャラクターの声で時間になると起こしてくれます。ちなみに、私は特にそのアニが好きだったわけではありませんでした。 もうすぐ30才になろうという男性が女性に送るものとしてどうなんだろう?と思いました。 それならセンスのある壁掛け時計の方がよかったな、と思わずにはいられませんでした。