スリランカのウバは紅茶の中でも銘茶と呼ばれています。 ウバティーはスズランやバラの様な甘い香りが特徴的です。 原産地であるウバはスリランカ南東部の高地です。 日中は高温であり夜間は冷気がある為に霧の発生が多い風土から、スズランやバラの様なウバフレーバーが作られています。 ウバティーは非常に珍重されている為、取引は高価になります。 真紅の色と独特のコクと香りに人気が高まっています。 クオリティーシーズンは主に七月から九月頃です。 ストレートティーにする場合はいわゆるゴールデンリングを楽しむ事が出来ます。 又、ウバはミルクにも合う為ミルクティーを作り風味を楽しむ事にも適しています。 ちなみに紅茶を入れる際には蓋が付いているポットを温めた状態で使う事が望ましいです。 茶葉を正確に量った上で空気をたっぷり含んでいる新鮮な水を熱湯にして使います。 最後に蓋をしてじっくり蒸らす事によって紅茶の旨味成分を出し切る事がポイントです。